腕のしびれの原因を知る
〜腕のしびれに潜む病気〜


腕のしびれは、危険な病気が潜んでいるのを知らせるサインかもしれません。 このサイトでは、あなたの腕のしびれから考えられる病気や症状、原因、対処方法などを紹介します。


■腕のしびれの原因

◆長時間のデスクワークからくる肩こり

最も多い原因は、最近特にパソコンを使う長時間のデスクワークと、それに伴って起きる肩こりが挙げられます。 パソコン前に座ってじっと仕事をしていると、血流が滞って肩が凝ります。 そして、もっと重症になると血流も神経も圧迫されてしまい、その結果腕がしびれるようになります。

以下の予防を心がけて下さい。

・パソコンのディスプレイを見る時など、顎を前に突き出しすぎない。
・うつむいた状態を長い時間続けない。
・寝るときは腕を圧迫しないように注意する。
・デスクワークや手作業中は、腕を下げている状態なので、休憩時間などに腕を頭の上へ挙げるようにストレッチをする。
・頭を支える筋肉が疲労しにくくなるように、首、肩周りに筋力をつける。


◆脳疾患

最も気を付けなければならないのは、脳疾患により起きるしびれです。 通常、脳の病気の徴候であるしびれは、病変のある側と反対側の半身(顔面を含む)に起きることが多く、腕のみのしびれが起きる事は、稀だと考えられます。 とはいえ、しびれの自覚症状があれば、まずはメディカルチェックが重要です。


◆頸椎症

腕のしびれ、痛み、手指の感覚異常、歩行障害、めまいなどが症状としてあげられます。 症状が急激に現れることはなく、頸部の症状から始まり、徐々に上肢や下肢の症状が出てきます。 治療は症状によって異なりますが、症状別に以下のものが行われます。

・姿勢の改善
・薬物療法(非ステロイド性消炎薬や筋弛緩薬など)
・頸椎固定用のカラーの装着
・温熱療法
・レーザー治療
・低周波
・頚椎牽引
・手術

頚椎症が疑われる場合、自己判断で治療すると、より症状が悪化する恐れがありますので、必ず専門医の診察を受け治療を行いましょう。


◆脊髄空洞症

脊髄空洞症は、脊髄の中に水のたまった空洞ができることにより、脊髄の機能が障害されて起きる病気です。 症状としては、腕のしびれ、痛み、麻痺、温度が識別できない、歩行障害などがあげられます。 症状は、脚よりも手や腕に強く出る傾向があります。 症状があまり進行してしまうと、それから手術をしても症状がよくならないことが多く、早期に診断して早期に治療することが非常に大切です。


◆胸郭出口症候群
手指や腕のしびれ、痛み、徐々に首や肩のうずくような痛みが症状としてあります。 首や肩、腕を特定の位置にもっていくと、腕や手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れます。 つり革につかまる時や、物干しの時のように、腕を挙げる動作で、上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。 また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。

女性では20〜30代のなで肩の人で頚部周辺の筋肉の発育が悪い人によく認められ、逆に、男性の場合では中高年で、怒り肩で、筋肉質で、首の短い人に多く認められます。

鎖骨周辺で腕神経叢という腕や手指に行く末梢神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる病気です。 胸郭出口症候群は急激に進行する病気ではなく、自然に治ることもあるので、あせらず、ゆっくり治療を受けることが大事です。 軽度の胸郭出口症候群であれば体操による筋力アップで、胸郭出口を広げる姿勢を維持出来る様にすることができ、症状も改善することが出来ます。

しかし、重度の胸郭出口症候群の場合は、胸郭出口を広げる為の装具を付けたり、手術を必要とする場合があります。 治療では、症状を悪化させる動作を禁止し、消炎鎮痛薬を内服します。 重症例では手術が必要で、原因により第1肋骨切除、頸肋切除、前斜角筋切除などを行います。 首や肩を特定の姿勢にすることでしびれや痛み、手指の色の変化が現れたら、整形外科を受診してください。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--l60a.jp/">腕.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2017 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ